修理

ブレーキメンテナンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレーキを踏むとキー音がするとのことで、入庫していただきました。

作業風景も撮影したので、ブレーキの勉強もしていきましょう。

 

 

ブレーキのしくみ

ブレーキペダルを踏むとブレーキがかかり、車は止まりますよね‥。当たり前のことですが、どうゆうふうにブレーキがかかっているか気になったことはないでしょうか?

簡単に説明すると自転車と同じ仕組みの構造です。

え?自転車と同じで大丈夫‥?

と思われた方もいらっしゃるかと思います。

もちろんブレーキの規模は全然ちがいますのでご安心を^ ^

ローターと言われる円盤をパッドで止めるのがブレーキの構造です。

無理やり挟んで強制的に止めるイメージです!笑

この小さいパッドでこの円盤を挟み込んで止めています。

自転車もブレーキ踏むとキーキーって音が鳴りますが、自動車も全く同じです‥。

円盤をパッドで挟み込んで止めてるので、角がどうしても音をなりやすくしてしまいます。

鳴る原因としてもう一つあります!

パッドはブレーキを踏むたびに挟み込んでるわけですから、もちろん削れます。

走行距離が伸びれば伸びる分だけブレーキも踏んでいるはずです。

パッドがなくなってしまうと最悪ブレーキがかからなくなるとゆう恐怖があります。

そのためにパッドの残量がなくなってくると強制的にキーキー音をなるようにセンサーがつけられています。

いつもと違うとユーザー様に気づいてもらうために音を出すようにします。

ユーザー様は違和感を感じ、ディーラーに見てもらうためです。

原始的ですが、ブレーキがかからなくなるのは自動車で最も怖いので、安全に乗っていただくためです。

今回は、円盤のローターもだいぶ摩耗しているために交換作業を一緒にしました。

外車はパッド交換2回に1回はローター交換が必要になりますね。

国産のローターは交換することは珍しいイメージがあります。

外車のパッドはよくブレーキが効くのですが、材質の問題でローター側も摩耗する傾向にあります。

よくベンツとかのホイールって真っ黒になってるのご存知ですか?

あれはブレーキパッドの削れたカスがホイールに付着してる汚れです。

 

ブレーキの交換作業

まずはタイヤを外します。

キャリパーと呼ばれるブレーキパッドを固定している部品を外します。

キャリパーが外れましたら、ローターも外していきましょう。

円盤が外れましたね。

新品のローターに交換し、ブレーキパッドも交換していきます。

あれ?

ローター新品?

と思われた方がいらっしゃるかもしれません。

全然新品な感じしないですよね‥。

ローターは錆びてしまうので、防腐剤をふってあるのです。

もちろんこの状態でブレーキを踏んだら‥全くブレーキかかりません。

ブレーキペダル踏んでもスーっと車は進んでいきます‥。

なので、交換作業が終わるとブレーキの当たりをつけてあげなければならないのです。

広い道で試運転をし、ギッとブレーキを踏み防腐剤を落とすついでにブレーキの当たりをつけてあげます。

何度か同じ作業繰り返しやっとブレーキがかかり出します。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

なんとなく理解してもらえたら嬉しいです。

ブレーキは知識がないと非常に危険な作業になります。

インターネットにやり方が出てるから、自分でも出来ると思われてやられる人もおられるみたいですが、危ないので、やめて下さいね。

きっちり知識のある自動車工場で作業お願いします。

長々とご再読ありがとうございました^ ^

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加