未分類

オイルエレメントってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジンオイル交換するときに2回に1回交換するオイルエレメントって何?

って思われたことないでしょうか?

ディーラーでも量販店でも言われるかと思います。

少し勉強しましょう!

エンジンは動いていると金属部品の磨耗によって金属粉が発生します。こうした金属粉はエンジンオイルと共に流れます。オイル自体もメンテナンスが悪いと劣化によっても異物になります。

金属粉や異物をエンジンオイルと一緒に潤滑するために、どこかで綺麗にしてあげたいですよね。そのためにあるのがオイルエレメントです。

少し話はズレますがオイルエレメントの前にオイルストレーナーとゆう部品があります。まずオイルストレーナーの役割を簡単に説明します。

オイルストレーナーはエンジンオイルを吸い上げる先端にあります。(オイルパンの中)ここで大きい金属粉、異物をとります。そのオイルが次にオイルエレメントに潤滑させて細かい金属粉などを除去していきます。

綺麗になったエンジンオイルが各エンジンに潤滑されていきます。

もしオイルエレメントが目詰まりをおこして潤滑させなくなれば大変です。

エンジンオイルはエンジンの焼きつきを防ぐ役割をしているので、エンジンオイルが潤滑されなくなればエンジンが焼きつきます。

エンジンオーバーホールやエンジン本体交換が必要になってしまいます。莫大な費用が発生してしまいます。

オイルストレーナーは定期交換部品ではないので交換する必要はないですが、オイルエレメントは交換しましょう!

ちなみにオイルエレメントには万が一の為にバイパスバルブが備えられていますが、最近主流のカートリッジタイプにはバイパスバルブがついていないので気をつけましょ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加