未分類

燃費について

車購入を検討される時はみなさんどの辺を見て購入されますか?

メーカー・車のデザイン・使用目的と色々あるかと思いますが、最近は燃費も見られると思います。

そこでよく、10・15モード燃費、JC08モード燃費などお目にかかるかと思います。

カタログ数値は高燃費ですが、ディーラーの営業マンからは実質〇〇キロぐらいですとも言われます。

カタログに記載しているにも関わらず、その数値出ないのも謎ですね‥と思われる方も多いと思います。

少し説明しましょう。

2011 年4 月以降に型式指定を受ける車から、カタログに記載される燃費表示がJC08モード燃費変わりました。2011年4月以前の車も2013 年3月以降はJC08モード燃費に統一になっています。

車の燃費数値は、アクセルの踏み方、エアコン使用状態、天気、渋滞環境など運転方法で違うために、燃費数値を比較するために一定の測定方法が必要になります。

国土交通省は、1991年に10・15モードを作りました。

10・15モードは、ユーザーの自動車使用環境をもとに走行パターンを計測しましたが、測定技術も進歩し、より実際に近い燃費を出すために新しい測定方法のJC08モードが作りました。

JC08モードは、実際の燃費に近づけるために色々測定しているそうです。エンジンが冷却時(冷却時はエンジンを早く温めようとするためにガソリンを多く使って暖気するように制御します)も測定に入っています。

ただそれでもカタログ数値の燃費より落ちてしまうのが現状です。

アイドリングストップも標準についてきている時代です。

どのメーカーも燃費を少しでもあげるように努力してますよね。

車購入検討されている方は参考にどうぞ!