未分類

タイミングベルト交換

タイミングベルト交換作業になります。

タイミングベルトよく耳にはすると思います。
昔の車はほぼすべてがタイミングベルトです。
ここ最近の車はタイミングチェーンに変わってきてます。
タイミングチェーンは基本無交換でオイルメンテナンスをきっちりとしていれば廃車にするまでは交換しなくても良い部品です。
それでもなぜタイミングベルトにこだわるのか!!
スポーツカーなどはまだタイミングベルト使われてる車種が多いです。

1つはタイミングチェーンよりタイミングベルトの方がレスポンスが良いからとゆう理由です。
タイミングチェーンはオイルを潤滑させているために、レスポンスが悪いと言われてます。

その点タイミングベルトはオイルで潤滑していないので、レスポンスが良いです。
タイミングベルトは定期交換部品なので、ユーザー様のメンテナンス代がかかるデメリットがあります。

エンジンのフロント側を分解していき、見えているのがタイミングベルトになります。
タイミングベルトは名前の通りタイミングをとっているベルトです。
タイミングがズレてしまうとバルブとゆう部品が曲がったり、最悪エンジンが壊れます。
なので、慎重に作業する必要があります。

この車種は作業時間だいたい8時間ぐらいですかね?
ぼちぼち時間かかる車種ですが、中にはエンジンを下ろさないとできない車種もたくさんあります。

タイミングベルトを外した状態の写真も載せておきます。

メーカーによっては違いますが、国産は10万キロで交換が多いですね。
外車は6万キロが多いです。

私は実際にタイミングベルトが切れた所は見たことないですが、昔はよく切れたみたいです。
切れてしまうとエンジンが壊れますので、莫大な費用がかかります。

タイミングベルトついてる車に乗られてる人はメンテナンスきっちりとしてくださいね!