修理

ヘッドランプについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の明るいライトは当たり前になってきましたね。

久々にハロゲンの車を乗ると暗く感じました。

HIDランプとハロゲンランプについて勉強しましょう!

HIDヘッドランプはハロゲンランプに比べて、少ない電力消費量で明るさが得ることができます。今では純正品として標準化されている車種も多いです。

軽自動車にもオプション又は標準化されてきています。社外品も色々なメーカーが出してます。

HID又はキセノンランプとも呼びます。

日産はキセノンランプと呼んでいたはずです。

HIDは明るいのですが、雨の日が見にくい欠点があります。

その点、ハロゲンランプは雨の日でも見えます。

一時期、改造車は青色のHIDを入れてよく走っているのを見ました。あそこまでの青色は30000Kとかでしょうね。

雨の日は見えないと思います‥。

メーカーの標準のHIDは4500K前後だと思います。

オプションなどで6000Kはよく目にします。

時代の流れは早く、少し前はHIDがよかったですが、ここ最近はLEDランプがでてきました。

LEDランプの車に乗りましたが、明るかったです。

この先の時代はLEDランプが主流になるでしょうね!

ランプは明るいにこしたことがないので、ぜび明るいライトにして乗っていただきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加